スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に更新してみよう

あの猫がうちに来たのは 今から・・・もう17年も前のことだったかな

どろどろになって薄汚れて ノミやダニも沢山ついてた 明らかに捨て猫といった風貌で
それでもゴロゴロ喉の鳴らしながら かすれた声で鳴き声にならない鳴き声で鳴いていた

まだ弟が小さかった頃 母が出産で入院する間際に小さな弟が寂しがるだろうという事であの猫はうちに貰われてきた
親戚の家の叔母さんがいつも通っている駅で見つけた 人懐っこく汚れてはいるものの まぁなんとも可愛らしい猫だった
当時うちには猫が居なかった 前飼って居た猫は恐らく自分の亡骸を見られたくないからだろうか いつからか姿を消していた うちは田舎の山にあるため 室内飼いなどをしていなかった

そういう環境にきたうちの猫 名前をふうこと名付けた
捨てられたときずっと鳴いていたんだろうと思う 声無き声で鳴く事が多い猫だった

とても可愛らしい猫だった それ以来 ふうこと寝食をともにした
勿論 ふうこがうちに慣れるまで時間が掛かった 外に出てなかなか帰らなかったりもした
ただ飯時になると いつの間にか台所の椅子の上に乗って 待っていた

虎模様の雑種の猫、優しくて大食い メスなのに犬を追っ払ったり蛇を取ってきたり 荒々しい面も見せるが綺麗な猫だった
思い出深いのはうちの飼い犬が子犬を産み 育児放棄をしてしまったとき ふうこが一緒について寝ていた
ふうこのお気に入りの猫用ハウスの中で 猫一匹と子犬が2匹 窮屈そうに丸まって寝ていた

人間の気持ちにも敏感であったのだろうか 良く隣・・・と言ってもかなり離れてはいるが まぁ隣のお婆さんの家に遊びに行き 一緒の布団で寝ていたんだよ と隣のお家の方から聞いた時はびっくりしたものだ

そんなふうこも、もう3年ほど前に亡くなった 秋の寒くなり始めた季節 体を痙攣させ倒れてしまった

今まで当たり前に傍にいた家族と別れが迫っているのは 見ただけで分かるような状態だった
獣医に診て貰うことも勿論考えた が 無駄にその命を引き伸ばすのもどうかと思い直した

ふうこ自身そんなことを望んでなど居ない気がした
それは自分勝手な解釈や思い違いかも知れないが その選択は間違っていないと自分では思っている

仲の良い 高校からの友達が来てふうこに挨拶し 二人でなんどか撫でてやり 友人が持ってきてくれたふうこの大好物のプリンを指で掬い何度か舐めさせた
その数時間後 まだ太陽が高い時 大きく一鳴きした後ふうこは眠るように亡くなった

その日は何度も何度も ありがとう お疲れ様と撫でて うちの所有する山の一番景色が良い場所に埋めてやった

今もふうこの形見の猫が一匹 彼女に寄り添って寝ている 白い毛並みで もさっとしていて甘えん坊な猫だが
ふうこの残した大切な形見だ この猫がふうこのところへ行く時 幸せだったと言えるように これからも見守って行きたい
17年前 14年間もの間一緒に過ごした 『ふうこ』という名前の 優しくて気の強い 綺麗な猫が居た

というお話でした
一人語りになってしまいましたが(文章が物語風ってのはと思ったけど)この季節だったなーと思い出したので作文してみました
それでは閲覧ありがとうございましたo(, ,)o
スポンサーサイト

テーマ : Finding Neverland Online -聖境伝説-
ジャンル : オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。